これまでによく耳にしたことがる「源氏名」。キャバクラで働くためには、自分の本名ではなく、源氏名を使って働くのが基本となります。

身バレしないようにするためにも源氏名は重要です。でも、自分自身で考えてOKというところもあるので、働く前に源氏名を考える女性は少なくありません。

自分をアピールできる

お店側から提示されるルールとしては、自分の雰囲気に合うものであって、店舗内で同じにならない状況です。

それさえ守っていれば、大よそは提案を受け入れてくれます。人気の出るような華やかな名前を考えると、それだけでもアピールポイントができるでしょう。

名前に意味を込めておくと、その名にちなんだトークを展開させることができますよ。

自分主体で話すことはキャバクラの仕事では少ないでしょうが、数少ないアピールとして利用できるので、こだわりの名前を考えるべきではないでしょうか。


店舗内で同じにならないようにしよう

自分の雰囲気に合う名前をお店のスタッフが付けてくれるのであれば、それを利用して働くことも可能です。

昔在籍していた名を使いまわすことがあるので、まずは自分が気に入ったものであるかを考え、源氏名を決定しましょう。

店舗内で同じにならないようにする必要がるので、そのためには、スタッフに利用しても大丈夫か確認することで、簡単に可否が判断できるはずです。