キャバクラでは自分を仕上げることもプロとしての気品を彩ります。

できるだけ自分のクセを修正して、お客さんに不快な思いをさせない配慮をするようにしましょう。

治しておいた方が良いクセはいくつかありますが、髪の毛を触るのは控えるべきです。

清潔でいることが大前提

清潔でいることが前提のキャバクラ店。自分の髪はスタイリング剤などを使って固めていることが多いので、その髪を触ってからお客さんに触れたり、ドリンクを作ったりするのは不衛生に見られてしまいます。

鼻をすするなどの症状があるのであれば、アレルギーであれば抗アレルギー剤を服用するなど、症状が出ないようなコントロールも重要になります。

見た目は綺麗に彩っていたとしても、ちょっとした動作がお客さんからのイメージダウンになるかもしれません。

キャバクラ嬢は見た目のイメージと接客応対の態度が人気を左右します。


治しておいた方が良いクセを自分でコントロール

素晴らしい接客を行うキャバクラ嬢は、治しておいた方が良いクセを自分でコントロールして、お客さんへの意識に全力が注げる状況を作っています。

こうした時間の演出ができてこそ、一人前のキャバクラ嬢として評価されるようになります。

見た目の美しさを求めるだけでなく、女性らしい立ち振る舞いを覚えましょう。